こちらでご紹介しているQ&Aは実際にお客様からいただいたご質問にお答えする形式で掲載しています。是非ご参考になさってください。

言乃葉に会場見学にいらした際に新郎新婦がよくおっしゃることがあります。

「結婚式の費用は最初の見積もりよりどんどん高くなっていくよ、って友人から聞きました」

「結婚式費用の相場がわからなくて…。」

「最終的にはいくらになりますか?」

 

ご衣裳だったり、装飾するお花だったり、おもてなしのお料理だったりは画像を見ているだけで

イメージが膨らんでワクワクしますね。広告雑誌やウェブ広告も綺麗で素敵な画像ばかりです。

でも費用もかかります。披露宴の費用はいわば現実の部分。

ご衣裳もお花もお料理も全部グレードアップしたらやっぱりご予算はオーバーしてしまうと思います。

何にこだわるか?

優先順位を決めていくのが一番です。

とにかくお料理にはこだわりたい、なのか、絶対お色直しがしたい、なのか

会場のお花には大好きなあのお花を入れたい、なのか…。

それから「プラン」に含まれているグレードの確認もしっかりチェックしてくださいね。

 

トータル費用の相場感の考え方は

ゲストのお食事・お飲物代(=プランでよくある1名様増にあたる部分)と

引出物&引菓子&縁起物(=ゲストの皆様に記念品としてお持ち帰りいただくお品費用)

会場に飾るお花代や会場費など…

ここまではお祝い(=ご祝儀)を相場感としてお考えになって良いと思います。

(*ご祝儀の目安はご自身がお包みになているお祝いの金額で計算してみてくださいね)

 

お二人の身の回りのお品(=例えばご衣裳やウェディングドレス、ブーケ)や着付け代、

お二人が残すお品(=アルバム写真やDVD撮影など)は自己負担でお考えいただくと

わかりやすいと思います。

ですので最初のプランに含まれているお料理やお花のグレードがとても重要になってくるのです。

会場が決まって、いざお打ち合わせが始まってから「お料理のグレードアップ」

「お花のグレードアップ」アップアップ・・・でドンドン高くなってしまうのです。

 

言乃葉のスタッフはこれまでにホテルやゲストハウスで働いてきた

経験者ばかりですが、この「ブライダル業界の悪しき習性」がイヤで

あとあとプラスの出ないお見積もり作成 を心がけています。

今回のお話は随分生々しい内容でしたが、「現実」の部分は避けて通れません。

ご参考にしていただければ嬉しいです。

 

横浜で和装結婚式-少人数結婚式専用会場【言乃葉(ことのは)】

http://www.yokohama-wakon.com