こんにちは。

横浜の少人数結婚式 言乃葉の高橋です。

少人数での家族婚を検討しているお二人に役立つ

会場探しのポイントをご紹介しますね!

今回は、和装で検討している場合についてです。

 

和装の挙式は大きく2種類!神前式と祝言。どっちを選ぶ?

神前式と言えば伊勢山皇大神宮

なんとなく和装で結婚式を検討すると、最初に浮かぶのは神前式。

神前式といえば神社と連想していくでしょう。

ここでは横浜を代表する神社、伊勢山皇大神宮を例に、説明しますね。

伊勢山皇大神宮の挙式会場は境内にある本殿と、記念館室内にある

神楽殿の2つ。初穂料(挙式料)はどちらも同じ15万円(非課税)です。

9時台の式からだいたい1時間間隔で結婚式の枠があります。

仮予約は電話で申請できますが2週間となります。

期間内に開催される挙式説明会と本予約会へ出席する必要があります。

注意点としては神社と会食のどちらも空いている日時で同時に

仮予約を取る必要があるという事です。

神楽殿は冷暖房完備のバリアフリーで120名着席可能、本殿は

38名までですが、表参道を参進で入場できる、といった

違いがあります。

当日は、開式の30分前に桜茶のサービスと巫女からの簡単な

挙式説明、そして親族紹介となります。

挙式時間は約25分ほどです。

仮に12時挙式だと会食の開始は13時30分となります。

祝言とは?

祝言とは、家婚式とも呼ばれ、日本で一番古い挙式スタイルです。

会食会場「言乃葉」で行いますので、移動がないのが最大の特徴です。

詳しくはこちら↓で紹介しています。

【横濱祝言+家族だけの結婚式】1日の流れ

お支度、挙式、会食と、移動がないのでゲストの負担がなく挙式閉式から

会食開始までの間が短いので、皆様をお待たせする事がありません。

例えば、12時挙式の場合、会食のスタートは12時30分

となります。挙式前に親子だけの時間、「謝恩の儀」がありますので

この時に、そっとお手紙をお渡しになる新婦も多いです。

皆さんの前で渡すのは恥ずかしい、という場合に良いですね♪

夫婦の誓い、親子の誓い、「結婚の承認」という、盃の儀式がありますが

これは育ってきた環境の違う二人が一つになる事を意味しています。

古くは、その土地の水に慣れるため、という意味合いもあります。

横濱祝言では郷土のお酒を用意して、式に使用します。

 

神社挙式の注意点

さて、神社挙式、伊勢山皇大神宮で挙式を希望する時の注意点ですが

会食会場で挙式前から美容着付けに利用できるかがポイントとなります。

伊勢山皇大神宮にも共同で使用できる更衣室はありますが

新郎新婦以外は利用できないのと、ほかの花嫁様もいるので

メイクシーンの撮影などもできません。

お二人の荷物も衣装ケースと一緒に会食会場へ移動となりますので

かなりな荷物量となります。美容室等で留め袖の着付けをされたお母様

はもっと大変です。着物の入っていた衣装ケースごと、神社へ

行かなければならないのです。そして、挙式の終了時に、またロッカーから

会食の会場へ…常に大荷物との移動を余儀無くされます。

 

神社挙式を検討する場合は、これらの事も考えて、新郎新婦と

列席者が、挙式前から着付けヘアセットで利用できる会場を

選ぶ事がまずは第一歩です。後は、挙式後の移動用の車の手配も必要です。

言乃葉は専用式場なので、全ての条件が整っています。

介添え・カメラマン・神社での誘導スタッフなど、すべて自社スタッフにて

サポートしております。

 

家族婚では貸切が絶対!

お支度のこと

これは、先の設問でもお話ししましたが、貸切の会場や、美容着付け

ルームのある会場でないと、神社での挙式は難しくなります。

新郎新婦と家族が同一場所でのお支度なら、同じ時間に来館する事も可能です。

また、新郎新婦のお支度完了後にお写真を撮ったりする事もできます。

少人数での結婚式なのだから、たくさんのお写真を撮る事ができるのは

記念になります。そして、荷物は全て置いておけるので、

身一つで神社へ出発できます。これは出席者も同様です。

お食事後に、またお着替えをしてから帰れる事も重要なファクターです。

尚、ウェルカムボードやフォトブックなど会食会場に飾るアイテム

なども、最初からお支度をする会食会場に持ってこれるので

当日の搬入だったとしても安心です。もし、お支度の場所が会食会場と

別だったら、挙式で使用するものと会食で使用するものを別々で準備して

事前に会食の会場へ持って行かなければなりません。

貸切じゃないとどうなる?

貸切でない会場の場合、かなり制約が出てきてしまいます。

貸切ではない会場とは、レストランの個室などの事を意味します。

まず「衣装を着てこないでください」こう言われるケースもあります。

一般の営業もしている事から、衣装を着た新郎新婦が入ってくると

皆さんビックリしてしまいますし、お手洗いなどでも同じ事がおきます。

また、貸切ではないのでウェルカムボードや、好きなBGM、

プロジェクター使用などはかなり制限が出てくるでしょう。

恐らく、ウェディングプランナーや婚礼担当者はいないと思いますので

司会進行は自分たちでしなければならず、準備した引出物引菓子も

最後、または途中で自分たちで袋詰めして配る必要があります。

確かに費用的には、料理飲み物代と、室料(食事をする部屋と着替えで

使用する部屋)だけで良いのでリーズナブルにできるとは思います。

ただ、これは結婚式の会食会ではなく、両家食事会ですので

10名様以下でないと厳しいと思います。

 

会食会と食事会は違います

では、食事会と会食会の違いはなんでしょう?会食というスタイルは

もともとあったスタイルはいわゆる披露宴形式と食事会の2つでした。

披露宴スタイルは皆様が一般的に想像する形です。司会者のリードで

入場音楽がかかり、扉が開いて新郎新婦の入場…

主賓の挨拶があって友人余興があって…という感じです。

一方、食事会は神社や教会などで式だけを挙げて

その後、スーツなどに着替えて、レストランやホテルで両家家族だけで

食事をする形式です。そもそもこの2つのスタイルしかなかったのですが

やっぱり家族婚でも、衣装は着ていたい、しっかりとおもてなししたい、

花束くらいは渡したい、という新郎新婦が増えて来て始まったのが

会食スタイルです。

私たちも約20年、このスタイルを提唱して、料亭やレストランで

お手伝いをしてきましたが、最低人数保証や最低保証料金

一律でかかる高額な会場費など、なかなか新郎新婦の希望と

マッチする会場はありませんでした。

そこで誕生したのが私たち「言乃葉」というわけなのです。

実例パティーレポートは↓をチェック!

ご家族婚パーティーレポート!〜ご家族と気兼ねなく過ごすご会食会を是非参考に♪〜

料理は日本料理の方が盛り上がる

フレンチは食べ慣れていますか?

これは私の経験則ですが、フレンチやイタリアンの会食会は

かなり静かです。多分、結婚式とは関係なく、西洋のフォーマルスタイル

だけで、少し緊張感があるのではないでしょうか?

ナイフ・フォークの正餐スタイルに慣れている両親・親族なら良いですが

「ワインよりもビールや日本酒!」

という方には少し窮屈なのかもしれません。

一方、懐石料理(会席料理)は旅館の夕食など、馴染みが多い方が多く

緊張感は早くになくなり、和やかな雰囲気になる傾向が強いと思います。

お酒も、言乃葉ではすべてのラインナップが揃っていますので

日本酒でも焼酎でもお好きなものをご提供できます。

また、言乃葉の懐石料理は旬の食材を取り入れていますので季節を

感じられるのも日本料理の特徴。「あぁ、今年初めて食べたわ」なんて

会話が弾むのも日本料理ならではですね。言乃葉でもこごみや芽キャベツ

白魚など、春の走りの食材が増えてきて、名残りのフグと共演しています。

家族婚の会食スタイル成功の鍵は日本料理にあり!ですよ!

 

気になる費用を徹底チェック

見積もりはしっかり取りましょう

結婚式の良くない習慣の一つに、見積もりを低く作る事があります。

確かに、比較検討されるので、自分たちだけ正直に、正確な見積もりを

作成するのは無理かもしれません。かといって、400万円の見積もりが

500万円になる100万円の差と、100万円の見積もりが200万円

になる見積もりの差は同じではありません。ここでは見落としがちな

項目を伝授しますので、参考にして見てください。

①飲み物の種類と乾杯酒の確認。フリードリンクになっているか、

乾杯用のスパークリングやシャンパンは入っているか確認してください。

②自分の着たい衣装の金額設定で見積もりに入っているか?

自分の着たい衣装は白無垢?色打掛?振袖?当然白無垢と色打掛では

衣装料金が違います。しっかりとした希望を伝えないと新婦和装1着

と、白無垢の料金で算出されます。

③綿帽子?角隠し?洋髪?おかつら?

これも大事です。「まだ決まっていないので」としてしまうと、当然

基本の洋髪スタイルとなります。これを後からおかつらに変更するのは

かなり大変です。おかつらのサイズをある程度所有している美容師でない場合

かつらの装着費で6万円+リハーサルで4万円、合計10万円は

すぐに変わってしまいます。これと別に綿帽子や角隠し代金、

かんざしなども必要になってくるのです。

ちなみに、言乃葉での和装お支度にはお好きなスタイルが追加金無しで

含まれています。

④お引き上げ料と介添え

お引き上げ料とは簡単にいうと、最後、新郎新婦が帰る時に、帰れる状態に

髪型やお化粧を直してくれる事、そして着替えを手伝ってくれる事、

会場側のレンタル品と自分たちの買い上げ用で荷物をまとめてくれる事、

簡単にいうとこんな感じです。

介添えは、当日新婦の身の回りの世話をしてくれる専属の女性です。

歩くとき、立つ時、ブーケや末広の管理など、すべてケアしてくれるので

必須のスタッフとなります。

どちらも当然必要なのですが、プランに入っていなかったり、見積もりにすら

入っていない場合がありますのでチェックしておきましょう。

列席衣装・着付の金額も要チェック

これは指示されない限り、最初の見積もりに入ることは絶対にありませんが

打ち合わせが進んでくると加算されてくる費用なので事前に金額を

確認しておきましょう。留袖とモーニングのレンタル価格帯、

着付・ヘアセットの金額です。信じられないことですが、会場によっては

両親衣装の持ち込み禁止の場合もありますし、レンタル料や着付料が高額な

会場もあります。繁忙期のホテルの場合、着付け予約が満席で

断られるケースもあるので注意も必要です。

 

少人数の家族婚に不要な手配品

私どもの会食会のプラン概念は、披露宴プランから必須でないと

思われる手配品を抜いた形で出来上がっています。

私どもが不要だと思える手配品がある場合、それは会食会ではなく

披露宴のベースに乗っています。

まず司会者と音響オペレーター。この両方が含まれている場合、

すでに会食会ではなく披露宴です。サウンドシステムなる名目に

なっている事もあります。プロフィール付きの席次表や、DVD撮って出し上映

テーブルコーディネート、フラワーコーディネート、これから打ち合わせが

大変です。

これは会食会ではなく、小さな披露宴です。

当日、仕切ってくれるキャプテンかプランナーさんがいれば

司会者は必要ないのです。司会者がいない場合、新郎が全て進行役を

しなければならない、そのような会場は会食会を扱っておらず

実は披露宴と食事会のみしかない会場です。

 

色々と書きましたが、まだブライダル業界では会食会や家族婚という

ネーミングだけが先行して、小さい披露宴の事を指す会場が多いのが

実情です。新郎新婦の納得のいく会場探しの参考になれば幸いです。


“言乃葉は少人数結婚式のための和空間”

身内だけの控えめな結婚式がしたい

派手じゃない、厳かな和装の挙式がしたい

料亭のような日本料理でおもてなしがしたい

自分たちだけで貸切の結婚式がしたい

“言乃葉で少人数結婚式のこだわりを叶えて下さい”

言乃葉の結婚式は

司会者を入れなくても

派手な演出を入れなくても

間が持たないんじゃないかしら…の心配はいりません

ゲストの皆様は笑いと楽しい会話で溢れ

和気藹々と過ごしていただいています

ふたりは、披露宴のように“目立つふたり”ではなく

“ゲストをおもてなしするふたり”です

ふぐのお造りや松茸料理、鱧のお吸い物

といった婚礼料理では実現できないような

旬を取り入れたお料理の数々で

舌の肥えたご親族からも歓声が上がります

“私達に少人数結婚式のご希望をお聞かせ下さい”

結婚情報誌を見ても

ネットで検索しても

イメージにピンとくる会場がない…

誰に相談していいか、

何から始めていいかわからない…

そんなおふたりは言乃葉のプランナーにご相談ください。

言乃葉のプランナーは10年~20年の経験を持つものばかり

1日1組だけの結婚式にこだわりながら、

これまでに1,500組以上のプロデュース実績でサポートします

「こんな素敵な会場をどこで見つけたの?」

とゲストから聞かれる結婚式の一歩に、

まずは【控えめ結婚式Q&Aご相談会】へお越しください

言乃葉は即決を迫ったりしておりませんので

悩みを聞いてもらおう、くらいお気軽な気持ちで

言乃葉にお越しください。

フェアに行く前にメールで相談…という方は

↓↓↓こちらから↓↓↓

お問い合わせメールフォーム

お待ちしています!!!

お電話でのご相談は045-651-1910

ステキなお二人にお目にかかれるのを楽しみにしております!


横浜で和装結婚式-少人数結婚式専用会場【言乃葉(ことのは)】

https://www.yokohama-wakon.com