こんにちは。

横浜の少人数結婚式 言乃葉の高橋です。

ひとくちに和婚と言っても、様々なスタイルがあります。

白い衣装… 綿帽子?角隠し?

 

イマイチよくわからない!そんな花嫁さんはぜひ参考にしてみてください。

※由来には諸説ありますので、私の個人認識とご判断ください

 

「白無垢」

・・・和装結婚式の衣装の代表格。元々は結婚式以外にも、出産など人生儀礼として

用いられていました。明治以降になると清純無垢、つまり汚れのない

純粋な色である白は花嫁衣装として定着していきました。最高位の礼装です。

 

「振袖」

・・・成人式でおなじみですね。未婚女性の第一礼装。

最も袖丈が長いものを大振袖といい、成人式などに着る

中振袖よりも格が高くなっています。

おはしょりをせずに着物の裾を

引いて着る大振袖は引振袖とも呼ばれ、花嫁だけの装いです。

 

「色打掛」

・・・時代劇でよく見かけますでしょうか。

元々は室町時代の武家の礼服でした。豪華絢爛な

この衣装は現在では披露宴時のお色直し衣装として

使用されています。簡単にいうと上に羽織る着物ガウン

のような着方でしょうか。帯をしないので、

歩く時に褄(つま)を取る必要があります。

 

「角隠し」

・・・ツノを隠し、その家の従順に従うと言う意味。江戸時代、女性たちが髪に

差したかんざしの端を隠すためにつけたのが始まり。

白無垢のほか、色打掛、引振袖にも着用することができます。

(おかつら着用が必須です)

 

「綿帽子」

・・・式が終わるまで新郎以外に顔を見せないためのもの。

ウェディングドレスのベールと同じ意味合いです。

今では洋髪用の綿帽子もありますので、おかつらを

着用しないでも綿帽子を身につけることも可能です。

 

 

元々の意味はこのようになっていますが、気に入った衣装を着る!

これが和婚スタッフの私の意見です。

 

 

↓↓フェアへのご参加はこちらから↓↓

ウェブからフェアへのお申込みは>>こちらから<<

メールでのお問い合わせは>>こちらから<<

お電話でのご相談は045-651-1910

言乃葉大好きスタッフ 高橋でした。