「和装で結婚式をしたい!」と言乃葉へ訪れるお二人に、

「挙式スタイルのご希望はありますか?」と伺うと

 

「和装を着たいのは決まっているけれど、

挙式は何も決まってないんです。」

とか、

「和装なので漠然と”神社”だと思ってましたが、

他にありますか?」

 

と仰るお二人も多く。

 

そこで今回は、和装で行う挙式にはどんな種類があるの?を解決するために

和装で挙げることができる挙式についてご紹介します。

 

こんにちは。

横浜の少人数結婚式 言乃葉の早坂です。

 


【和装の挙式といえば=神前式】

和装で結婚式をしようと思ったらまず思い浮かぶのが

神社での挙式、「神前式」だと思います。

 

ご神前で厳粛に執り行われる神前式は

その神社のお祀りしている神様に誓う

まさに身も心も引き締まる、そんな挙式スタイルです。

 

神前式は、明治34年、時の皇太子(のちの大正天皇)の

ご婚儀が執り行われたのが始まりと言われております。

 

横浜で和装挙式ができる神社「伊勢山皇大神宮」

言乃葉の提携神社は、

横浜の総鎮守「伊勢山皇大神宮」ですので

ここではまず、伊勢山皇大神宮について

少しご紹介致します。

伊勢山皇大神宮とは?

伊勢山皇大神宮について・・・

伊勢山皇大神宮は横浜開港時代に

我が国の発展と市民の安寧を祈念して創建されました。

 

御祭神は「天照大御神」様をお祀りしており、

「関東のお伊勢さま」としても知られております。

 

開港時代の創建ですから、来年には創建150周年を迎えることとなり、

これを記念した事業もこの数年に渡って行ってこられました。

 

その中でも大きな事業として

2017年秋完成の室内神殿「神楽殿」の建造。

また、

2018年10月完成の御本殿の建替えです。

 

挙式はこの2つの新しい御神殿からお選びいただき

行うことが可能です。

 

伊勢山皇大神宮の2つの神殿

では次に、伊勢山皇大神宮の2つのご神殿についてご紹介しましょう。

御本殿・・・

御神体がお祀りされている神殿。

よく初詣などでも、参拝する際に

拝み、お祈りするお社です。

平成25年に行われた伊勢神宮の式年遷宮の際に

お役目を果たした古社殿をそのまま1棟譲り受け移築されました。

 

御本殿までは石段を上り鳥居をくぐり、三進の儀で

お進みいただきます。

ご参列ご人数はご親族様に新郎新婦含む、ご着席38名様です。

 

神楽(かぐら)殿・・・

新ご本殿造営に先駆け、この移築中に

神様に御鎮まりいただく新たなご神殿の造営が

この「神楽殿」です。

完全室内型で天候にも左右されず、

最大120名様のご着席、ご参列が可能です。

 

専用のご親族控え室には

人間国宝・山岸一男氏の沈金「玉響」などが

掲げられ、ご覧いただくことができます。

 

 

また、挙式の際にご整列いただくこととなる

神楽殿の前室「遷御の間」には、

昔の式年遷宮で新宮へお遷りいただく行列の様を描いた、

 

日本絵画史上最大の壁画「大遷座の図」が

お二人とご参列者様を迎えます。

 

伊勢山皇大神宮で行う神前式の流れとは?

式次第については

御本殿・神楽殿ともに同様の式次第で

ご奉仕されます。

 

 

ご入場後に、清め祓いを受け、

神様にお供物を捧げ、二人の結婚のご報告を申し上げます。

 

そして二人の新夫婦としての誓いの言葉を読み上げ、

盃を交わした後、神様とのご縁を結ぶ玉串を捧げ

誓いをたてます。

 

また、ご神前を和ませる巫女の舞をご奉納し、

両家が親族となるべく結び盃を交わします。

 

このように、神様にお誓い申し上げ夫婦になる挙式

「神前式」です。

 

新郎の地元の氏神様で挙式する方や、

二人の新居になる土地の神社で挙式する方も

いらっしゃいます。

 

伊勢山皇大神宮での挙式については

このスタッフブログで以前にもご紹介しておりますので

こちらもご参照ください。

お支度は?移動は?伊勢山皇大神宮の挙式をレポート!

 


 

【和装で行う人前挙式といえば=祝言(しゅうげん)】

神社での神前式が古くからの挙式と

思われている方も多いと思いますが、

日本古来の挙式スタイルは実は「人前式」、祝言(しゅうげん)なのです。

祝言(しゅうげん)とは?

古くは室町時代の武家の祝言から始まり、次第に

庶民にも広まっていったと言われております。

 

元々は、新郎か新婦かの家に親族が集い、

夫婦の契りを交わし、その後食事を振る舞い

夫婦をお披露目した、という「祝言」。

家で行うことから「家婚式」とも呼ばれておりました。

 

こちらは、神様ではなくお集まりいただいた

ご親族と儀式を行うことから、

 

誓う対象が神様ではなく、お集まりいただいた方々

である、現在の「人前式」の原型となっております。

 

横浜で行う和の人前式「横濱祝言」とは

言乃葉ではこの古式ゆかしい祝言に准えて

オリジナルの人前式「横濱祝言」としてご提案しております。

 

 

横濱祝言とは・・・

家に集い、結婚式を行う「祝言」をそのまま

体現していただく挙式スタイルです。

 

一日1組様限定で貸切だからこそ叶う挙式スタイル。

 

儀式を行っている20分だけが、挙式ではありません。

朝、花嫁支度をするところから既に祝言が始まっています。

横濱祝言の流れとは?

ブライズルームをご自宅の自室のように使っていただけますので

ここでお支度をして、花嫁支度が整ったところで、

 

【謝恩の儀】

親御様へご挨拶の時間を設けております。

嫁ぐ日の朝、出発の挨拶をした花嫁のように

親御様への感謝の気持ちを伝えるお時間を。

【筥迫・懐剣の儀】

花嫁支度の仕上げはお母様の手で。

「筥迫」は昔の化粧ポーチのようなもの。

これに親御様からのお手紙を添えて

持たせてもらったり。

 

また、魔除けの意味を持つ「懐剣」。

昔、花嫁が嫁いでゆく道中の無事を祈って

親御様が持たせたという懐剣を、

胸元に携えて花嫁支度の完成です。

 

【入場】

嫁入りのご挨拶が済み、花嫁支度もできたところで

いよいよ挙式へ臨みます。

雅楽の「笙」の音色の中、

新郎を先頭に、新婦はご家族のお手引き(エスコート)を受けて

ご入場です。

 

【誓いの詞】

決められたカタチのない、

二人の言葉で誓いをたてていただきます。

 

そしてここからが夫婦・家族・親族と

少しずつ繋がりの「輪」が広くなっていく儀式。

この儀式には、お二人のそれぞれご出身地の

お酒を用います。

 

お二人が生まれ育った土地の「お水」で作られる「お酒」。

二人のルーツを一つの盃に合わせ、酌み交わすことによって

夫婦の誓いをたてます。

 

 

【結び盃の儀】

夫婦になる契りを交わします。

【親子盃の儀】

今度は新郎新婦と、ご両家の親御様も

同じお酒で親子の契りを交わします。

 

【賛同盃の儀】

結びにお二人のご結婚にご賛同の意を込めて、

ご兄弟やおじさまおばさまなどのご親族様もご一緒に

盃で乾杯をします。

 

 

ご親族皆様の賛同を得て、晴れて夫婦になったお二人。

新夫婦としてお二人でご退場して結びとなります。

 

と、挙式自体はここで結びとなりますが、

祝言ですのでこの後も、美味しいお食事を振る舞い、

夫婦のお披露目の宴が始まります。

お二人もご親族様も心ゆくまでお食事や会話を

楽しんでいただいた後は、皆様で集合写真を撮って

お開きとなります。

 

こうしてお支度から挙式・祝宴、お着替えまでを

ご自宅で過ごすような雰囲気でお過ごしいただく

「横濱祝言」。

 

「ご家族との絆を感じられる挙式にしたい」

「自分たちではなく親のために挙式をしたい」

「移動なく挙式・会食がしたい」

なんてお二人にもぴったりな挙式スタイルです。

 

横濱祝言については

こちらのスタッフブログでもご紹介してます。

【祝言-しゅうげん】今大注目の和婚の結婚式☆

 

 

また、もっと詳しく祝言の一日の流れを知りたい!

というお二人はこちらもご参照ください。

【横濱祝言+家族だけの結婚式】1日の流れ

 


 

誓う対象も、意味もそれぞれ異なるふたつの挙式。

お二人のイメージに合うものはありましたか?

 

また、神社での挙式は移動や支度など、

注意して準備しないといけないポイントもいっぱいあります。

 

「神社で結婚式に憧れるけど、どのように

準備したらいいかわからない」

というお二人も、

「横濱祝言が気になる〜!」

というお二人も、言乃葉のウェディングプランナーに

ご相談ください。

きっと二人の「疑問、不安」が解決します。

 

素敵なお二人にお目にかかれますことを

楽しみにしています。

言乃葉の早坂でした。

 


“言乃葉は少人数結婚式のための和空間”

身内だけの控えめな結婚式がしたい

派手じゃない、厳かな和装の挙式がしたい

料亭のような日本料理でおもてなしがしたい

自分たちだけで貸切の結婚式がしたい

“言乃葉で少人数結婚式のこだわりを叶えて下さい”

言乃葉の結婚式は

司会者を入れなくても

派手な演出を入れなくても

間が持たないんじゃないかしら…の心配はいりません

ゲストの皆様は笑いと楽しい会話で溢れ

和気藹々と過ごしていただいています

ふたりは、披露宴のように“目立つふたり”ではなく

“ゲストをおもてなしするふたり”です

ふぐのお造りや松茸料理、鱧のお吸い物

といった婚礼料理では実現できないような

旬を取り入れたお料理の数々で

舌の肥えたご親族からも歓声が上がります

“私達に少人数結婚式のご希望をお聞かせ下さい”

結婚情報誌を見ても

ネットで検索しても

イメージにピンとくる会場がない…

誰に相談していいか、

何から始めていいかわからない…

そんなおふたりは言乃葉のプランナーにご相談ください。

言乃葉のプランナーは10年~20年の経験を持つものばかり

1日1組だけの結婚式にこだわりながら、

これまでに1,500組以上のプロデュース実績でサポートします

「こんな素敵な会場をどこで見つけたの?」

とゲストから聞かれる結婚式の一歩に、

まずは【控えめ結婚式Q&Aご相談会】へお越しください

言乃葉は即決を迫ったりしておりませんので

悩みを聞いてもらおう、くらいお気軽な気持ちで

言乃葉にお越しください。

フェアに行く前にメールで相談…という方は

↓↓↓こちらから↓↓↓

お問い合わせメールフォーム

お待ちしています!!!

お電話でのご相談は045-651-1910

 


横浜で和装結婚式-少人数結婚式専用会場【言乃葉(ことのは)】

https://www.yokohama-wakon.com

 


The following two tabs change content below.
結婚式創始の神社でのプランニングに始まり、ゲストハウス・レストラン ウェディングでのプランナー、店舗責任者の経験を経て言乃葉の運営会社であるミルキーウェイへ。言乃葉では一番の若手(?)ですがプランナー歴は出産・育児期間の休業を挟み通算10年。現在は言乃葉以外にみなとみらいの美術館ウェディングのプロデュースも担当。

Latest posts by 早坂麻樹江 (see all)